読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってトクするお金の話

お金に関するお役立ち情報を公開

35歳までに必ずやるべきこと 運をつかむ人になれ 重茂 達

ビジネス書籍

著者は重茂達さんで、NHKで事務職として就職した後、28歳で外資系企業部長、35歳で同企業子会社社長まで上り詰めた方です。

そして45歳でこれまでの経験を活かし、外資系の人材派遣会社を立ち上げたのです。
その会社というのがアデコキャリアスタッフ株式会社で、派遣就労スタッフは何と35000人という日本でもトップの企業となりました。

元々エリートという訳ではなくどちらかといえば叩き上げの方で、NHK事務職をしていた時も働きながら夜学に通っていたのです。

そんな著者が書いたのが「35歳までに必ずやるべきこと―運をつかむ人になれ」というビジネス書籍でした。
この本にはタイトルにつけられている通り、「35歳までにやっておくべき事」が丁寧に書かれています。

まず「能動的に生きていく事」、チャンスを待っているだけではいけない、そもそもチャンスはそこで待っていてもやって来ないので、こちらから掴みにいくしかありません。

次に「プラス思考を習慣づける事」、マイナス思考、ネガティブな考えでは、誰もついてこないのです。

そして「最大限の努力とは一体何なのか」、マニュアルに沿っているだけでは成長できず、そして最大限努力した先には何があるかという事です。

それから「自分との接し方」も大切で、誰かの上に立とうと思ったら、自分の性格や性質を理解しつつ、人の気持ちが解っていないと出来ません。

それと同時に「人との接し方」も欠かせず、この能力が劣っていると管理職にはなれないのです。

「仕事への取り組み方」、現在行っている業務はすぐには結果が出なくても、必ず何か月何年後に影響します。

「コミュニケーション上手であるか」も忘れてはいけません、上司や同僚に部下、取引先や顧客との関係は、コミュニケーション能力次第で大きく変わります。
最後に「ものの考え方について」、仕事が上手くいっているからといって怠けてはいけませんし、出来ないからと言ってサボるのもいけません。

これらの8つの項目に沿って、それぞれ「どう大切で、これを知る事によりどう変わっていくか」が書かれているのです。

35歳を目前に控える人にとって、そして人を動かす立場にいる、またはいつかは代表取締役になろうと考えている人にとっての指南書ともいえるでしょう。

もっと大きな人間になりたいなら自分から動いていかなければいけない

昔から優柔不断で責任感を押し付けられる事がとても苦手だった私は、仕事に対していつも不真面目でした。

不真面目と言ってもサボり癖がある訳ではないのですが、しかし誰かに頼られたい、凄いと尊敬されたいと思う反面、リーダーになるのが嫌だったのです。
私自身がちゃんと仕事が出来ないので、後輩社員に「仕事で解らない事がある」と言われても、自信満々に教える事ができません。
曖昧な態度ばかりで頼りない自分が嫌で、でもこのまま大人になれないまま年齢を重ねていくのかと思っていたのです。

しかしこの本を見つけて読んだ時に、これまでの自分から大きく気持ちが変化したのでした。
今までは「何となく生きていても何とかなるだろう」と思っていたのです。
しかし「もっと大きな人間になりたいなら自分から動いていかなければいけない」と感じるようになったのでした。

「果報は寝て待つのではなくチャンスを自ら掴めるように能動的に行動する」事を知り、「マイナス思考をやめてポジティブに生きる事が一番」だと気づいたのです。

そして「自分や自分以外の人との接し方を変える事で、自分の味方になってくれる人を増やす事ができる」のだと解りました。
例えば今までだったら仕事が上手くいかない事、責任感ある立場に立つ事が恐かったのですが、この本から「自信」を得る事ができたのです。

だから「コミュニケーション能力を引き上げて、会議でも周りの意見を自分に賛同させる」ような話し方を出来るようにもなりました。

また、「今している仕事はすぐには結果が出なくても、後から良い結果がついてくるから取りあえずそれに打ち込む事」にも気づきました。

その事で、今まで何をやっても遣り甲斐を感じられなかったのが、仕事の結果がどう出るのか待ち遠しい、楽しいと思えるようになったのです。

30歳という節目を迎える前に、そして35歳になる前にこれらの事を知れて良かったと思います。
人間としても成長できましたし、仕事で業績を上げて部下を育てる自信にも繋がりました。

自分を変えたい、もっと飛躍したい人におすすめ

「チャンスがなかなかやってこないせいで昇進できない、仕事で大きいチャンスをいつも逃してしまう」という方や、「ネガティブ思考で落ち込みやすい」方におすすめです。

また、「仕事でどんな風に努力すればいいのか解らなくなってしまった」という方、「自分の怒りや悲しみをコントロールできない、人と上手く接せない」方もいいでしょう。

「仕事になかなか遣り甲斐を感じられない」方も、「会社でのコミュニケーションに悩んでいつも人間関係が上手くいかない」方も是非読んでください。
そして「逃げ癖がついている」方や、「つい仕事で手を抜いてしまう」方、逆に「根を詰め過ぎて疲れてしまう」方もおすすめです。

難しい事は書かれておらず、「35歳までに身に着けておくと良い考え方や思考方法」が簡単な文章で載っています。

自己啓発系のビジネス書なので、さらっと読めるでしょうから読書が苦手な方にもおすすめです。

今35歳じゃない方も、もうすぐ35歳を迎える方も、もうとっくに35歳を過ぎている方も、どの世代にも「成程」と思ってもらえるでしょう。

自分を変えたい、もっと飛躍したい、自信のない自分から立ち直りたい人に読んでほしいビジネス書です。

bukupe.com

35歳までに必ずやるべきこと ポケット版―運をつかむ人になれ

35歳までに必ずやるべきこと ポケット版―運をつかむ人になれ