読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってトクするお金の話

お金に関するお役立ち情報を公開

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく 堀江貴文

堀江貴文氏が著者の本で、同氏が「働くこと」への考えを述べています。彼の経歴を簡単に説明します。彼は東京大学在学中の1996年、23歳の時に、インターネット関連会社の有限会社オン・ザ・エッジ(後のライブドア)を起業し、2000年には同会社を東京マザーズに上場しました。

2004年から2005年にかけて近鉄バッファローズやニッポン放送の買収、衆議院選挙の立候補などといった世間をにぎわせる行動で一気に有名人になりました。しかし、2006年1月、33歳のときに、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され、懲役2年6か月の実刑判決が下されました。

2011年6月に収監され、長野刑務所にて服役しました。介護衛生係としての仕事に励みつつ、メールマガジンなどで情報発信を続け、獄中で40歳の誕生日を迎えました。2013年3月27日に仮釈放され、この本が刊行される直後の11月10日0時に刑期を終了し、再び自由の身になって、「ゼロ」からのスタートとなりました。

彼が逮捕されて獄中生活を経てからのストーリーから始まり、その時に考えていたことやこの本を書くに至る動機を語っていきます。そして、幼少期のころから彼が生きてきた環境や考えていたこと、両親のこと、印象深かった出来事など、彼の人生の過程が書かれていて、彼の人となりや思いを感じることができます。

彼の人生の出来事と当時の思いが語られ、今の物事に対する考え方を納得する形で理解することができます。ただ考えや意見のみを出されて、理由付けまでされたとしても、納得して行動まで変えていくことは難しいです。

でも、彼の生きてきた過程も示されているので、その中でできた考えならば納得がいき、自分も頑張ろうという気になります。

また彼の学生時代の何気ない話が読んでいて面白いです。女性と全く話せなかった話や友達とヒッチハイクして遠くまで遊びに行った話など、本当に超人的な人ではなく積み重ねが彼の成功につながったのだなと、面白いなりに学ぶものがあります。

堀江氏が大切にしていることが紹介されてます

タイトルにあるように、「ゼロ」に「小さなイチを足していく」ことがどれほど大切かを感じます。偉業を成し遂げた堀江氏が大切にしていることとして挙げていることで、すべての人が実践できて意外と忘れがちなことだと思います。

すごいことをするには何かすごいことをできるようにならなければいけないと考えている人が多いでしょうが、毎日の積み重ねが自分を作るのだということを再認識せられました。私自身、学生時代の挫折を長い間引きずっていて、自分に諦めを感じていました。

そして、成功している仲間を見ては、自分の生きてきた環境とか才能を恨み、卑屈になっていました。けれど、この本を読んで誰しも最初から成功している人はいなくて、毎日小さなイチを積み重ねていくことが大切なのだと感じました。それから私は毎日一つ一つできることを増やそうと努力しています。

また、孤独と向き合うことについて語られており、その部分では孤独と向き合うコツや自分は本当に自立できているのか自問自答するなど、良い学びになりました。私は親に対し手口や弱音をこぼすことがあり、それは一人の大人として自立できていないことに気づかされました。

自分の責任は自分が追うことになり、お酒に逃げていてはだめで自分でピリオドを打たなければならならず、孤独と向き合うことの大切さを感じました。気を紛らわすためにお酒や誰かに依存していては、本当の解決にはならず、孤独を引き受けることが解決には必要だということを学びました。

そのように戦っている中で本当に支えてくれる仲間が分かってくるというのは納得がいきました。ずっと孤独なことはないのだから、私も孤独と向き合うことをしっかりやって戦っていこうと思いました。その中で信頼できる仲間ができればなと思います。

「このままではこのまま」という言葉にも深い意味を感じました。変わりたいと思っていてもいつもの生活を続けてしまう自分にこの言葉を投げかけて毎日「イチ」を積み重ねようと努力する支えになっています。

ここでお酒を飲まずに資格の勉強をしなければいけないのに、自分にまけてしまいそうなとき、この生活が続くことやこのままの自分のままでいることを再度認識して、自分を律することができます。

次への一歩が踏み出せない人におすすめ

現状を打開しようと何か行動を起こさなければと思っていても、自分を信じることが難しくなかなか次への一歩が踏み出せない人におすすめの一冊です。今までの挫折のせいで自分に対して諦めの気持ちを抱いている20代、30代の人は多いと思います。

「今のままではこの先だめだ」とか「もっとこの道で上を目指したい」とか思っていても、自分を信じ切れず無駄な努力で終わるのではないかと考えてしまうと感じてしますのではないでしょうか。

また、成功者は全員生まれたときから家柄も経済的にも恵まれているし、一般家庭の自分は成功しなくて当たり前だと感じている人も多いと思います。

そのような人たちに、数々の偉業をなり遂げた堀江貴文氏が自身の生まれた環境がそれほど恵まれたわけでもなく様々な心の葛藤を抱えながら、他の人と変わりない少年時代を過ごしたというのは、大変励みになると思います。

そんな彼が示す考えはどんな人にも受け入れられるものだと思います。

oulaw.hatenablog.com

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく